2014年1月 5日

秋葉原 麺屋 ばんどう ロース濃厚魚介つけ麺

12月21日にオープンした新店。
20140105a01.jpg
場所は秋葉原中央通り、武蔵野うどん いろはの跡地。

メニューは三系統。
20140105a02.jpg
ラーメン、つけ麺、ぼく・・・油そば!
しかし、ロースカツが気になる(笑)

屋号の由来。
20140105a03.jpg
「うどんば」を逆さに呼んで「ばんどう」だとか。
以前のうどん屋がそのまま経営してる感じです。

券売機も店内もうどん屋時代のまま。
20140105a04.jpg
つけ麺とラーメンは辛いバージョンもあるようです。
油そばは3時以降のメニューで売切れランプ。残念。

カウンター上の調味料。
20140105a05.jpg
酢、ラー油といった油そば用のもの(販売してないのに)
おろしにんにく、ブラックペッパー、カレー粉もあります。
しかし、昼前の開店からすぐの時間だというのにラー油の口がベタベタ。

結構な時間かかってロース濃厚魚介つけ麺が着丼。
20140105a06.jpg
ちなみに麺の茹で時間は、つけ麺・油そばが7分半。
ラーメンが3分15秒だそうです。つけ麺、結構かかりますね。

麺の方にロースカツがどーん!
20140105a07.jpg
カツがでかすぎて麺が見えません(笑)

揚げたてカツの厚さは薄め。
20140105a08.jpg
5~7mmくらいでしょうか。
あまりぶ厚くても食べづらいし、この大きさならこれくらいが良いのかも。
味は塩コショウがしっかりつけてあり、そのまま食べても美味いです。
ちなみにロースカツは単品で400円。つけ麺に乗せると1130円!

スープはかなり濃厚。
20140105a09.jpg
魚介風味でどろどろ。店員さんのシャツの背中に「我ら濃厚民族」とプリントされていたのも納得(笑)
とても美味いのですが、ちょっとオリジナリティが感じられない味かな。
あと、ロースカツとの相性は今ひとつな感じ(笑)

スープの具。
20140105a10.jpg
ナルト、細切れチャーシュー、メンマ。
そして深谷ねぎ。

かなり太めのストレート麺。
20140105a11.jpg
濃厚スープだから麺にまとわりつく。
食べ応えがありほんとうに美味い。
しかし(カツを除いて)オリジナリティが薄いというか、その辺だけが残念。


麺屋 ばんどう  食べログ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://haine.pekemaru.jp/mt/mt-tb.cgi/696

コメントする