2013年1月 1日

TDS ヴォルケイニア・レストラン チャーシューと玉子のチャーハン ほか

元旦夜にムショーにチャハハーンが食べたくなったので、東京ディズニーシー内の火山食堂こと「ヴォルケイニア・レストラン」へ。
20130101c01.jpg
ここは、ネモ船長の科学基地にエネルギーを供給する地熱発電所という海底2万マイルをテーマにした中華レストラン。

店内にはこんな発電設備みたいなオブジェがいくつか置いてあります。
20130101c07.jpg
ちょっと薄暗いのは好きになれないのですが(笑)

トレイを取って欲しいメニューを注文するという社員食堂スタイル。
20130101c03.jpg 20130101c04.jpg
20130101c05.jpg 20130101c06.jpg
会計を行ったあと、席に着きます。

チャーハンと酢豚をオーダー。
20130101c08.jpg
二つで1530円。少し高いですね。

チャーシューと玉子のチャーハン。
20130101c09.jpg
チャーハンは大量調理&作り置きなので、給食のような感じ。
だがそれがいい。味も悪くない。

割りと好きなのが酢豚。
20130101c10.jpg
こちらも作り置きですが、オーダーが入ってから肉に甘酢あんをかけて出してくれるので、肉がサクっとしているのが特徴です。

ディズニーリゾート内にはいくつか中華を食べれる店がありますが、ここが一番のお薦めできる店かと思います。

にほんブログ村 グルメブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://haine.pekemaru.jp/mt/mt-tb.cgi/592

コメントする